Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

失敗しないダイヤモンドネックレスの選び方

失敗しないダイヤモンドネックレスの選び方

ダイヤモンドネックレスが欲しい!と思っても、いざ見てみるといろいろな種類があり悩んでしまいがち。ダイヤモンドのグレードはもちろん、合わせる貴金属やデザインなど、本当に多種多様です。そこでこのページでは、失敗しないダイヤモンドネックレスの選び方を紹介するので参考にしてみてください。

いつ、どんな時に身に着けるネックレス?

ジュエリーを購入するときに、最も気になるのが「自分に似合っているか?」ということですよね。せっかくダイヤモンドのネックレスを着けても、似合っていなければ元も子もありません。

でも、ダイヤモンドネックレスに限っては、まずは「どのような場面で使うのか」ということを考えます。ダイヤモンドは他の宝石よりも圧倒的に高価。普段用のネックレスなら、品質よりも価格を重視したほうがいいですし、フォーマルな場で身に着けるネックレスならちょっと大き目の豪華なダイヤモンドのほうが合います。

価格帯に大きな幅があるのがダイヤモンドの特徴。まずは使いたい場面を考え、ダイヤモンドの品質や価格帯を絞り込んでいきましょう。

フォーマルな場で身に着けるダイヤモンドネックレス

フォーマルで格式の高い場では、ジュエリーは必需品です。自分を華やかに魅せてくれることも大事ですが、ダイヤモンドなどの高価な宝石は、あなたの品格を上げその場にふさわしい雰囲気を作り上げてくれます。

そのためフォーマルな場では、四大宝石と呼ばれるダイヤモンド・ルビー・サファイヤ・エメラルドなどのジュエリーが最適です。特にダイヤモンドは宝石の王様。大きさやデザインに関わらずあなたの品格をグッと押し上げてくれます。

上手なコーディネートの仕方

フォーマルな場ではダイヤモンドのジュエリーがオススメですが、ただ大きなダイヤモンドを身に着けただけではせっかくの輝きが活きてきません。ある程度格式の高いもので揃えるのがマナーですが、上手にコーディネートされたジュエリーは価格以上に見えますし、相乗効果であなたの品格もアップしていきます。着けるべき人が身に着けたジュエリーは、安くても高く見えるもの。コーディネートでダイヤモンドをより高価なイメージに見せることができれば大成功です。

その基本は、ネックレスとイヤリング・ピアス、リングとブレスレットのように、特に近い部分のジュエリーをしっかり「揃える」ということです。揃えるというのは「粒のバランス」「色」「デザイン」「貴金属の種類」などのことです。今回はダイヤモンドネックレスの選び方の記事なので、ネックレスについてのみ紹介しますね。

まず粒のバランスというのは、例えばネックレスに1ctの一粒ダイヤネックレスを身に着けたなら、ピアスも一粒ピアスのほうがしまって見えます。ネックレスはスリーストーン、ピアスは一粒ではバランスが悪くせっかくの輝きが台無しです。

色も同じで、ネックレスにはイエローダイヤモンド、ピアスにはブラウンダイヤモンドでは、あまりにちぐはぐ過ぎ。また、ネックレスはプリンセスカット、ピアスはペアシェイプでは、こちらも揃っていないのでバランスが悪いです。プラチナやゴールドなどの貴金属も、揃えなければあまり見栄えが良くありません。

このように考えると「一粒ダイヤ」はとても使いまわしがしやすく、高価なダイヤモンドは種類をそろえることができないのでオススメのデザインです。また、胸元・耳元に加えリングも揃えると統一感が出てスマートな印象が出ます。

普段使いのダイヤモンドネックレス

普段使いの場合は、品質よりも価格重視で選ぶのがオススメです。普段使いは1ct以上の大きなダイヤモンドはあまり身に着けないので、品質にこだわって高価なものを選ぶより、価格を抑えたほうが満足感は高くなります。

ダイヤモンドは小さければ小さいほど品質の違いは判らないので、服装やTPOを考えると、10万円のダイヤモンドネックレスよりも5万のダイヤモンドネックレス「2つ」のほうがお得感もありオススメです。

休日のコーディネート

休日にダイヤのネックレスを着けるなら、そのシチュエーションに合わせることが大事。アクティブな遊びに長めのネックレスでは邪魔になってしまいます。バッチリおしゃれを楽しみたいなら、ダイヤモンドネックレスが引き立つようなファッションという観点で洋服を選ぶのもいいですね。

また、ネックレスは首の形状によって選び方が変わることもあります。首が太い場合、チョーカータイプのものは首の太さを強調してしまうためオススメしません。それよりも50cmぐらいのゆったりしたネックレスのほうが首回りがスッキリし、首の太さも気になりにくくなります。逆に細くて長い首の場合は、長いネックレスだと縦長に貧弱に見えてしまうため、チョーカータイプや少しボリュームのあるデザインのネックレスがオススメ。

お仕事時のコーディネート

職業によって大きく変わるのでなんとも言えませんが、基本は「シンプル」なデザインで「目立たない」大きさにしなければいけません。また、仕事の邪魔になるようなネックレスはもってのほか。あくまでお仕事がメインです。

それでも見た目の雰囲気が仕事に影響するような職業なら、多少華やかにしてもいいかもしれませんね。受付のお仕事は、その見た目がそのままイメージに繋がるものです。アパレルショップの店員さんもオシャレでかわいいほうがお客様が増えるかもしれません。

逆に事務仕事なのにジャラジャラ着けるのはよくありません。結局TPOを考えて、その場に合ったものを身に着けることが大事ですね。

普段用ネックレスだからこそ

指輪は自分の目でマジマジ見てしまうものですが、ネックレスの場合は鏡でチラッと見る程度。 他人の目線を考えても、そうじっくり見られるものではありません。 なので指輪よりもダイヤのグレードは低くし、カラットだけを重要視するのも賢い選び方です。

大きさだけはパッと見でも分かるので、カラー・クラリティ・カットを抑え目にして予算内になるようにすると満足感が出ます。 仕事でカラット数を抑えたほうがよい場合などは、カットを重視するとキレイに輝くダイヤモンドと出会うことができます。 カラーやクラリティは、カラット数が低いほど分かりません。 カットは光の反射に大きく影響するので、小さくてもキラキラと輝きの強いダイヤモンドになります。

天然ダイヤモンドネックレス

天然ダイヤモンドネックレス ダイヤモンドネックレスを激安で買うならこちらのショップ。普段使いしやすいお値打ちモデルが多く、4Cを意識した高品質な選択も可能。種類も非常に豊富で、一粒だけじゃなくカラーダイヤモンドや可愛いモチーフのダイヤモンドネックレスも。文字が多くやや見にくい部分はありますが、ダイヤモンドの品質を詳細に説明している点も見逃せません。

詳細はコチラ

ソーティング済みダイヤモンドネックレス

ソーティング済みダイヤモンドネックレス ダイヤモンドの4Cをしっかり知ってから買いたいという人はこちらのショップがおすすめ。全てA級鑑定機関である「中央宝石研究所(CGL)」でソーティング済みのダイヤモンドを使用した品質が魅力。ソーティングされた時点で4Cがしっかり明記されており、もちろん鑑定書を付けることもできます。

詳細はコチラ

ダンシングストーン

ダンシングストーン 最近流行のダンシングストーンシリーズならこちら。特殊な構造で常にキラキラ輝く一風変わったジュエリーです。天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアの2タイプがあり、こちらも普段用に使いやすい価格が魅力。高価すぎずケースやバッグも付属なので、贈り物・プレゼントにも喜ばれそうです。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る