Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ダイヤモンドを贈る意味合いとは?

ダイヤモンドを贈る意味合いとは?

ダイヤモンドは様々な場面でプレゼントとして贈られますが、その意味合いを考えたことはあるでしょうか。見た目がキレイだから、宝石の王様だからという理由でなんとなく送っている人が多いと思いますが、実は「ダイヤモンドを贈る」ということには意外と深い意味合いがあります。

それは「永遠の絆」の象徴。スピリチュアルな意味合いと分けて考えることが大切ですが、宝石としてのダイヤモンドには永遠の絆を贈るという意味合いが含まれています。もちろんもらう側が全く理解していなければ、このようなことはあまり関係ないかもしれません。でも、せっかく高価なダイヤモンドを贈るなら、このような意味を込めて贈りたいものです。

婚約指輪や結婚指輪にダイヤモンドを贈る意味

婚約指輪を贈るとしても、婚約ネックレスを贈る人はあまりいません。また、結婚指輪も同じです。これは指輪という形状に大きな意味合いがあるからなんです。指輪は継ぎ目がありませんよね。これには「エンドレス・永遠」という意味合いが含まれているんです。永遠を誓う「婚約・結婚」にふさわしい形状と言えますよね。

では薬指に着ける意味合いをご存じでしょうか。古代エジプトの言い伝えでは、左手の薬指と心臓は「愛の静脈でつながっている」とされているんですね。だから左手の薬指には愛のパワーが溢れているんです。そんな素敵な指に、永遠を意味するリングを着ける、これが婚約指輪・結婚指輪の意味合いです。

やっと本番ですが、ではなぜダイヤモンドを贈る人が多いのでしょうか。みんなダイヤモンドだからとか、高価だからという理由はもちろん不正解です。ダイヤモンドは透明性が非常に高く「ピュアで純粋」、また最も硬い鉱物なので「固い絆」という意味合いは、半分正解。実はダイヤモンドには愛に関する様々な逸話が残されており、その中でも愛に満ち溢れた逸話を紹介します。

それは15世紀の中世ヨーロッパ「ベルギー」でのお話です。商業都市として発展していたブルージュという街にベルケムという男がいました。ベルケムは自分の雇い主の娘に恋心を抱いていましたが、雇い主からは「ダイヤモンドを磨くことができたら娘をやる」と言われていたんです。実はこのころはまだダイヤモンドを磨く技術はありませんでした。最も硬い鉱物だけにどうしても磨くことができなかったんでしょう。しかしベルケムは彼女への想いをひたすらダイヤモンドを磨くということにぶつけました。そしてついに「ダイヤモンドでダイヤモンドを磨く」という方法を見つけ、愛しの相手を手に入れたんです。

この逸話は有名で、これによりダイヤモンドは「愛の象徴」であり、磨くほどに美しくなるダイヤモンドは婚約指輪や結婚指輪に使われるようになりました。

ダイヤモンド婚式の意味

結婚60年目の節目を「ダイヤモンド婚式」と呼びます。60年という長い間夫婦でいることができるのは、本当に幸せなことですね。20歳で結婚してもダイヤモンド婚式は80歳!ケンカもあるでしょうし、けがや病気だって当然あります。が、そんな苦難を乗り越えお互いに支え合いながら60年もの間ともに過ごすというのは、限られた夫婦にしか到達できない領域かもしれませんね。

ダイヤモンド婚式というと、当然のようにダイヤモンドを贈るというのを想像するかもしれません。意味合いとしてはそうですが、良く考えてみると、80歳を超えてもなおダイヤモンドに格別の想いを抱いているでしょうか。もちろん数万円レベルのダイヤモンドではなく、とても高価なダイヤモンドを贈るでしょう。もらうのは嬉しいとは思いますが、それよりも孫の顔をたくさん見せに行ってあげたり、孫の描いたおばあちゃんの似顔絵なんてもらったら涙が出るほどうれしいと思います。

ダイヤモンド婚式はダイヤモンドを贈るという意味合いよりも、宝石の王様であるダイヤモンドの偉大さを借りて命名した記念日という意味合いのほうがしっくりきます。60年もの間固く結ばれていた絆を象徴する記念日ですね。

天然ダイヤモンドネックレス

天然ダイヤモンドネックレス ダイヤモンドネックレスを激安で買うならこちらのショップ。普段使いしやすいお値打ちモデルが多く、4Cを意識した高品質な選択も可能。種類も非常に豊富で、一粒だけじゃなくカラーダイヤモンドや可愛いモチーフのダイヤモンドネックレスも。文字が多くやや見にくい部分はありますが、ダイヤモンドの品質を詳細に説明している点も見逃せません。

詳細はコチラ

ソーティング済みダイヤモンドネックレス

ソーティング済みダイヤモンドネックレス ダイヤモンドの4Cをしっかり知ってから買いたいという人はこちらのショップがおすすめ。全てA級鑑定機関である「中央宝石研究所(CGL)」でソーティング済みのダイヤモンドを使用した品質が魅力。ソーティングされた時点で4Cがしっかり明記されており、もちろん鑑定書を付けることもできます。

詳細はコチラ

ダンシングストーン

ダンシングストーン 最近流行のダンシングストーンシリーズならこちら。特殊な構造で常にキラキラ輝く一風変わったジュエリーです。天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアの2タイプがあり、こちらも普段用に使いやすい価格が魅力。高価すぎずケースやバッグも付属なので、贈り物・プレゼントにも喜ばれそうです。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る