Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

鑑定書と鑑別書の違いが簡単に分かる!

鑑定書と鑑別書の違いが簡単に分かる!

ダイヤモンドやそれ以外の宝石に「鑑定書」や「鑑別書」が付いてるものがあります。また付いていないものもあります。鑑定書や鑑別書は付いてたほうがいいのでしょうか。そして、いったいどのような内容でどのような違いがあるのでしょうか。

鑑別書は全ての宝石に付けられる

鑑別書は全ての宝石に対して付けることができます。ダイヤモンド・ルビー・エメラルド・サファイヤ…。そして記載内容は、石の成績表ではなく「どんな石でなんという宝石なのか」ということが記載されています。また、人工的な処理が施されているかということも記載されています。

全ての宝石に鑑別書があったほうがいいかどうかは、何とも言えない部分があります。鑑別書があれば、その宝石がどのようなものなのか、本物なのかということが分かりますが、実は鑑別書を作成するには概ね5000円ぐらいかかってしまいます。

つまり鑑別書が付いてる宝石は、仮に全く同じ付いていない宝石があったとしたら、それだけで5000円も高くなってしまうのです。10万円の宝石が10万5千円になるならまだ理解できます。高価な宝石なのでどのような石なのかが分かれば財産になるかもしれません。

でも5000円の宝石が1万円になってしまったらどうでしょう。それならいらないかな…と思えますよね。そのような様々な理由で鑑別書が付いてたり付いてなかったりするんです。

鑑定書はダイヤモンドだけに発行される

鑑別書とは違い、鑑定書は「ダイヤモンドだけ」しか発行されません。鑑定書の付いたルビーなどというものは存在しません。鑑定書はグレーディング・レポートと呼ばれ、専門の機関によって発行されます。

鑑定書の内容はダイヤモンドの品質を表しています。つまりダイヤモンドの4C、「カラー」「カット」「カラット」「クラリティ」の評価が記載されています。

カラーはDからZ、カットはEXCELLENTからPOOR、クラリティはFLAWLESSからI3、そしてカラット数が具体的に記されています。

鑑定書も鑑別書と同じく発行するのにお金がかかります。こちらは約1万円ぐらいです。そして同じ理由で、全てのダイヤモンドに鑑定書が付いているわけではありません。2万円のダイヤネックレスが3万円になるなら、鑑定書なんていらないという人も多いとうことですね。

鑑定する機関とは

鑑定する機関は様々ありますが、代表的なとこを紹介します。

  • GIA(米国宝石学会)~ダイヤモンドの世界基準である4Cを定めたアメリカの機関。当然すべて英語で発行されます。
  • AGT ジェムラボラトリー~GIAジャパンのラボ部門。こちらは日本語で「COLOR ORIGIN(色の起源、天然色かどうか)」も記載されています。
  • AGL(宝石鑑別団体協議会)~主要な鑑定機関が参加している団体。全国宝石学協会や中央宝石研究所・日米宝石鑑別センターなどが参加しています。

鑑定書は「一粒のダイヤモンド」に対して発行される

鑑定書は一つのダイヤモンドに対して発行されるもので、一つのジュエリーに対して発行されるものではありません。なので、小さなダイヤモンドをたくさん使ったジュエリーには発行されません。もし発行されるとしたら、その一つ一つに対して鑑定書を作らなければいけないからです。

これはダイヤモンドがいかに価値が高いかということを物語っていますよね。例えば1.5ctのダイヤモンドは、ダイヤモンドの世界ではまずまず大きいかもしれませんが、たったの0.3gしかありません。そんな小さなものに1万円もかけて発行する鑑定書は、それがいかに価値のあるものかということです。

鑑定書の有無にこだわりすぎない

大事なエンゲージリングなどは鑑定書が付いていたほうがいいでしょう。でも普段身に着けるダイヤモンドジュエリーは、鑑定書があるだけで1万円高くなると思ってください。そう考えれば、必ずしも鑑定書付きにこだわる必要がないことが良く分かります。

大きさもそうです。小さくなればなるほどダイヤモンド自体の品質の違いは微妙になっていきます。肉眼でその違いを判別することは不可能なレベルです。それなら鑑定書がなく、少しでもお値打ちなダイヤモンドのほうがいいですよね。鑑定書は高価なダイヤモンド限定と考え、価格の低いものにはデメリットだということです。

天然ダイヤモンドネックレス

天然ダイヤモンドネックレス ダイヤモンドネックレスを激安で買うならこちらのショップ。普段使いしやすいお値打ちモデルが多く、4Cを意識した高品質な選択も可能。種類も非常に豊富で、一粒だけじゃなくカラーダイヤモンドや可愛いモチーフのダイヤモンドネックレスも。文字が多くやや見にくい部分はありますが、ダイヤモンドの品質を詳細に説明している点も見逃せません。

詳細はコチラ

ソーティング済みダイヤモンドネックレス

ソーティング済みダイヤモンドネックレス ダイヤモンドの4Cをしっかり知ってから買いたいという人はこちらのショップがおすすめ。全てA級鑑定機関である「中央宝石研究所(CGL)」でソーティング済みのダイヤモンドを使用した品質が魅力。ソーティングされた時点で4Cがしっかり明記されており、もちろん鑑定書を付けることもできます。

詳細はコチラ

ダンシングストーン

ダンシングストーン 最近流行のダンシングストーンシリーズならこちら。特殊な構造で常にキラキラ輝く一風変わったジュエリーです。天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアの2タイプがあり、こちらも普段用に使いやすい価格が魅力。高価すぎずケースやバッグも付属なので、贈り物・プレゼントにも喜ばれそうです。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る