Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

  • DH-001

  • DH-002

  • DH-003

  • DH-004

  • DH-005

  • DH-006

  • DH-007

  • DH-008

  • DH-009

  • DH-010

  • DH-011

  • DH-012

  • DH-013

  • DH-014

  • DH-015

  • DH-016

  • DH-017

  • DH-018

  • DH-019

  • DH-020

  • DH-021

  • DH-022

  • DH-023

  • DH-024

※画像クリックで商品ページへ行けます。
※「<」で前に、「>」で次へ送れます。
※「||」で停止「●」でハイライトです。

当店の売れ筋ランキング

当店のダンシングストーンジュエリーの売上ランキング第一位は「ダンシングストーン Good Future ペンダント NYP-533」!定番の使いやすいデザインが魅力で、普段使いからちょっとしたパーティーにも使える幅の広さが人気の秘密!第ニ位は「ダンシングストーン ハートリング ペンダント NYP-583」!ハート型の可愛らしいデザインが魅力で、二つの円(縁)が合わさってできているのがポイント!男女が合わさった中央にキラキラの輝き…。ロマンティックな女性にピッタリのジュエリーです!第三位は「ダンシングハート DH-006【Elegant】ダイヤモンドペンダント」!天然ダイヤモンドを使用した本格ジュエリー!TPOを選ばないデザインでいつも身に着けることができます!

ダンシングストーンとは…

ダンシングストーンとは、人間のわずかな揺れや振動をキャッチし、常にキラキラを放つジュエリー。

株式会社クロスフォーが特許を取得しており「動き出したら止まらない」というキャッチコピーが印象的です。

ダイヤモンドが輝く理由は、光を取り入れて内部で複数回反射し、その屈折の違いにより白や青白い輝きが放出されるからです。

もし同じ方向から光が入り同じ方向からの目線で見ると、輝きますが「キラキラ」が少ないですよね。

ダンシングストーンの場合、同じ視線・同じ光でも、常にキラキラと輝いています。

では、なぜダンシングストーンは常にキラキラしているのでしょうか。

その構造・原理はこうです。

ダンシングストーンの仕組み

ダンシングストーンは、外側(ジュエリー)と中石の2重構造になっています。

外側のジュエリーは固定されていますが、中石は人間の振動で動くような構造に。

中石が常に動き、光を様々な方向に反射させることで、常にキラキラとした輝きを放つ魅力的なジュエリーになっているのです。

中石の構造

ダンシングストーンは中石が揺れることでキラキラが続きます。

つまり中石をどれだけ揺れやすくするかが重要で、そのために中石の両サイドを丸管でぶら下げている状態にしてあります。

簡単に言うと丸い輪っかで中石をぶら下げており、ほんの少しの振動でも揺れるように作られています。

わずかでも揺れれば光の反射する角度が変わり、それが「キラキラ」として目に映るという原理です。

ダンシングストーン

CZ(キュービックジルコニア)と天然石

当店のダンシングストーンは、CZ(キュービックジルコニア)と、天然ダイヤを使用した2種類に分かれます。

ダンシングストーンシリーズはCZ(キュービックジルコニア)になっており、ダイヤの輝きはそのままに価格が安いのが魅力になっております。

ダンシングハートシリーズは天然石を使用しており、値段は上がりますが、天然ダイヤモンドを使用したジュエリーになっております。

CZ(キュービックジルコニア)は合成ダイヤモンドや人工ダイヤモンドと呼ばれますが、それは間違いです。

人工石(酸化ジルコニウムにいくつかの鉱物を合わせて造られたもの)には違いありませんが、ダイヤモンドを摸造して作られたわけではないのです。

硬度・光の屈折率・光の分散率が天然のダイヤモンドに非常に近く、近年世界的に人気の人工石ですが、ダイヤモンドの偽物・模造品というわけではありません。

ダイヤモンドとCZ(キュービックジルコニア)は、見た目は似ていますが全く別のもの。

天然のダイヤモンドではないので4C(カラット・カット・カラー・クラリティ)の評価などもなく、お手軽な価格でダイヤモンドの輝きを身につけることができる石です。

CZ(キュービックジルコニア)と天然ダイヤモンド

クロスフォーカットとは…

ダイヤモンドの輝きは「カット」がとても大事ですが、キュービックジルコニアの場合も光の反射を利用しているのでカットの方法が重要と言えます。

ダンシングストーンは、株式会社クロスフォーの特許技術の一つ「クロスフォーカット」が施されております。

ダイヤモンドは現在では「ラウンドブリリアントカット」が主流で、他にプリンセスカットやスクエアカットなど様々なカットがあります。

クロスフォーカットは他のカットのどれにも属さないオリジナルのカットで、クラウン21面・パビリオン24面・キューレット1面からなる46面体になっております。

中央に表れる十字の輝きは完璧なカットにしか見られず、ダンシングストーンは完璧なプロポーションの証しと言えるのです。

そのまばゆいクロスは、付属の専用スコープでいつでも見ることができます。

ダンシングストーン

テレビでも評判です

ダンシングストーンは株式会社クロスフォーだけが作れる特許技術を要したジュエリー。

日本はもちろん、世界各国で特許を出願しています。

テレビでもたびたび取り上げられて評判に。

テレビ東京「てれとマート」やTBS「がっちりマンデー」などで紹介され、人気急上昇中のジュエリーです。

当店ではネックレス・ペンダント、ピアス、タイニーピンの3タイプを取り扱っており、デザインは全部で100を超えます。

また、全商品一つから送料無料になっており、プレゼントや贈り物にも最適です。

どうぞごゆっくりご覧ください。

新着商品

ページ先頭へ戻る