Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

クリスマスプレゼントで彼女に最高にハッピーになってもらう方法

クリスマスプレゼントで彼女に最高にハッピーになってもらう方法

彼女にクリスマスプレゼントをあげたい、でも何をあげれば喜ばれるのかがわからない。。。
いつどんなタイミングで、どんなシチュエーションであげれば一番喜ばれるだろうか。。。

このような悩みはないでしょうか。
男性にとって女性特有の考え方・好みなどは、とっても分かりにくいものですよね。
せっかくプレゼントをあげるのだから、喜んでもらいたいし、自分の方に気持ちを向けたいものです(下心は別として…)。

でも「女性はいったい何をもらうと嬉しいの…?」と思っている男性が大多数。
やっぱり男と女には、言葉では言い表せなくても大きな感覚の違いがあり、それに合わせる難しさ=クリスマスプレゼントの難しさですよね。

そこでここでは、クリスマスプレゼントを彼女に渡したい男性に贈る、最高に喜ばれるプレゼント選び・渡し方を考えてみようと思います。

クリスマスプレゼント 成功のカギは「オンリーワン」

男性と女性の感じ方で大きく異なるのが、他人からの愛され方です。
男性は多くの女性から好かれたい願望が強く、女性は一人の男性から好かれたい願望が強いんですね。

愛の合計を「10」という数字で考えると、男性は5人の女性から2ずつの愛を求める傾向があり、女性は1人の男性から10の愛情を求めるのです。

もちろん意中の女性から最も大きな愛が欲しいのは当然ですが、他の4人に嫌われてしまうのもちょっとイヤだなぁと思ってしまう生き物です。なので一人の女性から6という愛情をもらい、他の4人からも1ずつの愛が欲しいと考えます。

この辺りは男女の大きな違いと言え、これがクリスマスプレゼントを喜んでもらうための重要なポイント。つまり「オンリーワン」を意識できるプレゼントこそ女性にとっては最高に喜びなのです。

自分のために選んでくれた
私のために考えてくれた
私のことをしっかり見ていてくれた

このような思いを感じることのできるプレゼントを選ぶことで、彼女は最高にハッピーになれるのです。

では一体どのようなプレゼントだとオンリーワンを感じてくれるのでしょうか。

物は大事、でもその経緯も大事

女性はプレゼントで「物」を欲しいのでしょうか。個人差はあると思いますし、シチュエーションによっても変わると思いますが、仮に「クリスマスプレゼント」ということを考えると、女性が欲しいのは物ではなく「気持ち」です。

・あなたのために一生懸命選んだプレゼントです
・ネットで比較しまくって最高に安く買ったプレゼントです

もらう物は同じ、値段も同じ、でも感じ方には雲泥の差がありますよね。物が欲しいなら後者でも問題はありませんが、クリスマスプレゼントを渡す女性に対して後者の発言ができるでしょうか。

うとい男性でもさすがにそれは言えないと感じますよね。つまりは、女性はクリスマスという特別な日は物ではなく気持ちが欲しいわけで、その経緯を感じたいのです。

女性はロマンチックな一面を男性より持っており、しかも言動の裏を考える生き物です。どうしてこのプレゼントにしたのか。どうしてこの色・この形・このタイミング…にしたのか。様々な憶測をし相手の気持ちを察することに長けています。

男性の考え方とは少し違く、男性的にはそれを理解するのはなかなか難しいと言えます。このような差が分からないからこそ、プレゼントに悩むわけです。

ただ、経緯は大事といえども「物」も大事。女性は男性から見るとなかなか難しい生き物です。

もらって困る物を贈られる女性の気持ち

女性はプレゼントにもらった物だけではなく、その裏を考える生き物。とは言え何をもらったのかもとても大事。

最高に自分好みじゃない洋服をもらった女性の気持ちを考えてみましょう。「最低でも1~2回はこの服を彼の前で着なくちゃいけない…」「どうやって着ない理由をつけようか…」「笑顔が引きつってないだろうか…」

プレゼントは好みがあるので、いっしょに買いに行く派も多いと思います。また、それだとサプライズ感がないので、博打的な要素はありますが自分で選ぶ派も多くいます。どちらが良いとも言えず、もし彼女が「いっしょに選びたい派」だと感じればそのように提言してみるのもいいでしょう。

ただし女性はイベントを非常に大事にします。男性はそこまでこだわらない人が多いですが、特に恋人同士のイベントはとても重要視します。その中でクリスマスは一年で最大級のイベントですよね。

女性の本心を言えば「自分が心底喜んでもらうことのできるプレゼントを彼氏に察してもらい、素敵なシチュエーションでもらいたい」のです。

それは男性的にはとても難しいのですが、女性の本心はそう思っています。だってもらって最高に嬉しいプレゼントを把握してくれているというのは、自分のことを深く考えてくれている証拠ですから。女性はそこに愛情を感じるわけです。

物が嬉しい、これももちろんありますが「もらって嬉しい物を贈ってくれた」という気持ちの方が実は大きかったりします。

逆にもらって嬉しくないプレゼントをもらったときは、その物自体をどうしようか、さらに自分を理解してくれていないというダブルのショックがあるわけです。

では理想的な「もらって嬉しい物」を見つけるにはどうすればいいでしょうか。

彼女の言動をチェックする

女性は「何気なくつぶやいた一言」を覚えていてくれると、とても大きな愛情を感じます。街をいっしょに歩いてた時に「あの服かわいいな」とか「これ可愛くない?」などの会話がありますよね。そのような何気ない会話の一部を覚えていてくれると、気持ちが自分に向いてるという愛情を感じることができます。

なのでサプライズでクリスマスプレゼントを贈る場合、できれば2ヶ月ぐらい前からチェックすると上手くいきやすいです。彼女に贈るものの目星をある程度つけておき、「これとこれならどっちが好み?」とか、「俺的にはこんなの好きだけどどう?」といったさりげない会話から好みや欲しい物を探るのです。

探るとかチェックするとか、なんか調査してるみたいですが、自分に最高のプレゼントをするためにいろいろ考えていることを知った時、女性はそのことにも嬉しさを感じます。調査されて気分が悪いとは感じません。

ただしさりげなく気を使いながらという心遣いも大事で、露骨に紙に10個の選択肢を書いて「どれが好き?」といったことは逆効果になります。

具体的に向いてる物・向いてない物

具体的に向いてる物・向いてない物

女性のクリスマスプレゼントへの感じ方はだいたい把握できたと思います。女性にとってクリスマスプレゼントは誕生日などより特別で、ロマンチックに過ごしたい願望があるのです。

そのような背景を考えると、プレゼントの種類も絞れてきます。

クリスマスプレゼントは気持ち

物はとても大事です。これは常に土台にあります。そのうえでクリスマスプレゼントは気持ちなんです。

上手くいった場合、自分好みの物を選んでくれた気持ちと物による満足感のダブル効果が期待できます。

上手くいかなかった場合、自分の好みを把握してくれていなかったという距離感と、その物をどうしようというダブルの逆効果が出てしまいます。

つまりクリスマスプレゼントは、意中の彼女の気持ちを大きく引き寄せることも可能ですし、大きく遠のいてしまう可能性も秘めているんです。

気持ちを最大限に考えた場合、クリスマスでは実用的なものより「愛」を感じることのできる物がおすすめ。

仮にちょうど12月の始めに使ってたパソコンが壊れてしまったとしても、クリスマスプレゼントにパソコンを選んではいけないということ。個人差があるのでもちろんパソコンを贈られて喜ぶ女性も多くいるでしょう。高価でなかなか買えないですし、ちょうど壊れて困っていたところですから。

ただ私が言いたいのは、「パソコンを贈ったことでどれくらい愛情を感じることができるか」という点。女性はロマンチックなのです。そんなロマンチックな女性が、恋人とのイベントの中で最も大事なクリスマスに、そのプレゼントで愛情を感じることができるでしょうか。

そういうプレゼントは誕生日や付きあった日記念日などに向いている物です。クリスマスプレゼントということを意識しなければいけません。もらって嬉しい物と、クリスマスにもらって嬉しい物は、女性にとっては若干趣が違ってくるんですね。

クリスマスでは、女性は「愛情」のこもったプレゼントが欲しいのです。その愛情とは家族愛ではありません。「一人の女性」への愛情です。

女性が愛情を感じることができる物

これも人によりけりなのは言うまでもありません。だからこそ男性諸君は迷うわけですよね。ただ、傾向を考えてみると「いつも身につけれる物」はとてもポイントが高いです。好きな男性からもらった物は、いつも身に着けていたいと考えるのが女性。

ただし彼女の好みの物じゃなければいけないという前提を忘れてはいけません。好みの物じゃなかったら、いつも身に着けていたいという気持ちは薄まりますよね。そういう思いをどれだけさせないかという心遣いが、愛情のこもったプレゼントにあたります。

女性は自分のことをもっと相手に分かって欲しいと強く思う生き物。基本的には「自分」を主張し「自分」という存在意義を主張します。逆に男性は自分を主張することにより和が乱れることを恐れ、周りと上手く共存するように調和させる生き物。

ただしそのような特徴があるのは、感じ方にも違いがあるから。女性は自分を主張しますが、相手の主張にも共感できます。男性は相手の主張に共感できない場合は受け入れることが難しく、だからこそ主張もしないのです。そのほうが無難だからです。

話がそれましたが、女性はいつだって好きな男性に自分を理解してほしいと考えます。クリスマスというイベントでそれを感じることのできるプレゼントをもらうと、気持ちは大きく揺らぎます。

例えば女性がもらって嬉しいプレゼントの代表はジュエリーでしょう。理由は単にジュエリーが好きだからでしょうか。それももちろんあります。女性はおしゃれが大好きですから。でも「いつも身に着けることができる」という理由もあるのです。いつも身に着けることができるということは、いつももらった相手を感じていることができるという満足感に繋がります。

身に着けることができる物

ジュエリーの他にもクリスマスプレゼントの候補としては「カバン」「時計」「財布」などは定番です。クリスマスは寒い季節なので「マフラー」「手袋」「ブランケット」といったものも喜ばれるでしょう。

ただ当ブログはジュエリーの事を記したブログですし、そうじゃないとしてもやっぱりクリスマスプレゼントはジュエリーがおすすめ。中でも総合的に考えるとネックレスがいいのではないでしょうか。

指輪はサイズの問題が出てきます。男性はそのような習慣も趣味もないので、女性の指輪のサイズなど知るはずもなく、そもそもどうやって調べるのかも分かりません。

ピアスは穴が空いてるかにも左右されますし、最も重要なのは「なくしやすい」という点。小さくて外れやすいので、外れた場所やシチュエーションによってはすぐになくしてしまいます。男性的にはなくしてもそこまで気にならないかもしれません。また買ってあげるよと優しく言えるかもしれません。

でも女性的にはもらった大事なものをなくすという失態が許せないのです。なんとなく罪を感じるというか罪悪感があるように感じてしまうのです。なので、そうなりやすいピアスやイヤリングも避けるのが優しさです。

その点ネックレスはサイズという概念がなく、なくしにくいアクセサリー。女性ももらって嬉しいですし、指輪ほどもらうことによる深い意味もありません。さすがに1カラットのダイヤの指輪をもらったら「婚約」「結婚」といったことまで意識してしまうかもしれませんよね。

さりげなく、かつ喜ばれるクリスマスプレゼントとしてネックレスが向いています。ロマンチックですし、アクセサリーは女性にとっていくつあっても困るものではありません。いつも身に着けることができるような、高価すぎず使いやすいデザインのネックレスは定番です。

でも男性にとっては、ジュエリー選びほど難しいものはありませんよね。

彼女の好みをチェックする

ジュエリーにうとい男性は、細かいポイントをチェックすることは難しいです。聞くわけにもいきません。なのでちらちら見て好みの雰囲気をチェックすることが大事。

ではどのようなポイントをチェックすればいいのでしょうか。細かい点は難しいので、大きく「色味」と「デザイン」と「アレルギー」をチェックするといいでしょう。

色味

ジュエリーは全体的な色味の好みが分かれます。ゴールド系・シルバー系・ピンク系あたりが定番でしょうか。少し個性的なブルー系の石やブラウン系のチェーンが好みの女性もいるでしょう。

好みとは別に、色白の女性にはシルバー系が良く似合います。チェーンや石をのせる台の部分にプラチナやホワイトゴールドを使っているのがおすすめ。小麦色の女性はゴールドが映えます。全体的に可愛い系のファッションや雰囲気の女性にはピンクゴールドが人気。

デザイン

デザインで大事なのは、好みが偏ったモチーフを見つけること。女性で使いやすいモチーフの代表はハート型です。ハート型は普段着にも制服にもしやすく、身に着けやすさ・可愛らしさの両方がありますよね。

また、葉っぱのモチーフやクロス・冠・シンプルなリングやリボンをあしらったモチーフ・馬蹄型…など、見てみると好みのモチーフが分かるかもしれません。

もう一つポイントなのが、チェーンのデザイン。華奢な雰囲気が好みなのか、しっかりした感じが好きなのか。あずきチェーンが好きなのか、ベネチアンチェーンが好きなのか。

しっかり観察することで好きなデザインが見えてきます。

アレルギー

肌の弱い女性は意外と多く、金属アレルギーの人も多いもの。若いうちは大丈夫でも、年齢が進むごとに出てくる人もいます。

男性にとって調べるのは難しいとこですが、せっかくプレゼントしても金属アレルギーで付けれないともらったほうも残念な気持ちになってしまいます。

18金か24金ならほぼ問題ない場合が多いので、確実性ならそれらを選択します。また普段の会話でさりげなく「そのネックレスは18金?」とか聞いてみると「私金属アレルギーだから18金じゃないと…」といった情報を聞けるかもしれません。

ブランドで選ぶときは年代に注意

ジュエリーに関する知識の少ない男性は、とりあえずブランドのジュエリーを買っておけば失敗も減るだろうと考えるかもしれません。

それはそれである意味正解です。アクセサリーのようなものは自己満足の世界なので、ブランドイメージによる部分は大きいです。好きなブランドがあるならそれも一つの手です。

ただし単純にそのように考えるのは危険でもあります。まずブランドには人気の世代があり、女性は自分に似合わない・ふさわしくないと感じるブランドを付けたがりません。特に若い人が好むブランドを少し年齢が上の女性は確実に避けます。

例えば男性が真っ先に思い浮かぶブランドの代表がティファニーではないでしょうか。デザインも可愛く「とりあえずティファニーを選んでおけば…」なんて考えてはいけません。ティファニーを喜ぶ世代は10代~20代前半ぐらいまで。

間違っても30代以降の女性に贈ってはいけません。年齢を無理してると思われることを女性はとても嫌がります。相応のアクセサリーを付けたいと考え、自分の好みより相応のブランドから自分の好みを探すといったスタイルが多いと言えます。

30代ならティファニーよりはブルガリやカルティエあたりが人気。そのような世代の雰囲気を理解しないまま、なんとなくブランド力に頼るのは失敗の元です。

もうひとつブランドで注意したい点があります。これは男性にも言えるのでとても掴みやすいと思います。

つまりブランドは自己満足ですよね。物がいいのはもちろんありますが、ノーブランドで匹敵する素晴らしいものがあっても、ブランドのものが人気になります。それがブランド力ですよね。

そのような商品って、自分で選んで自分の好み・趣味に思い切り走りたいものではないでしょうか。こだわりのあるブランドの物は、自分のおしゃれの中でもひときわ気にしたいアイテムです。

そのようなことを考えると、好きなブランドの物は「もらって嬉しいもの」ではなく「自分でとことん追求して選びたいもの」なのです。男性にとっても自分の趣味の物を贈られると「これはあまり好まないなぁ…」など一瞬で判断が付きますよね。

好きなブランドにはそのような傾向があり、単に欲しいのではなく「自分で選びたいもの」でもあるということ。なのでブランドにこだわるのも一長一短。ノーブランドのほうが逆に普段から気兼ねなく使えたりするので、嬉しく思う女性も多いです。

女性は買い物やファッション自体を楽しむ生き物。その商品が手に入る喜びと同様に、それを選ぶ楽しみもあるのです。

プレゼントを渡すシチュエーション

プレゼントを渡すシチュエーション

今度はクリスマスプレゼントを渡すシチュエーションを考えてみます。単に渡すだけでもいいのですが、女性はサプライズが意外と好きなものです。

どのように渡すかによって物の価値は変わりませんが、しつこく言ってる通り、女性は物ではなく「愛情」「気持ち」が欲しいのです。

キザになる必要はない

渡し方と言っても、別にキザな雰囲気を装う必要はありません。基本的にはあなたらしさが最も重要です。

そんなあなたらしさにプラスアルファを加える程度で十分。少し彼女の心がホッコリするような、そんな少しの心遣いができるかどうかです。

例えばクリスマスプレゼントは基本的にプレゼント用に包装されています。それをカバンにそのまま入れるのではなく、ちょっとオシャレな紙袋に入れるだけでも雰囲気はまったく変わります。

ダイソーなどにもおしゃれな紙袋や包装紙・箱などが売られているので、ちょっとあなたの手をくわえてみるのもおすすめ。人間味が出てより愛情を感じてもらえます。

手紙は鉄板

男性的には非常に照れくさく感じると思いますが、手紙は鉄板に喜ばれます。もちろん内容は大事ですが、自分のために書いてくれた手紙というのは特別ですよね。当然手書きですよ。パソコンなど使ってはいけません。

ぶっきらぼうな文章でもいいのです。あなたらしさとその思いが伝われば、相手はとても大きな愛情を感じます。

自分だけに向けた手紙をもらって気分を悪くする女性はいないでしょう。

渡すときはプレゼントに添えて渡すのがおすすめ。プレゼント自体も、恥ずかしいなら恥ずかしい気持ちを隠す必要はありません。その気持ちも女性はしっかりくみ取ってくれます。そういうのが女性は得意なんです。

トトロで少年かんたがサツキに無理やり渡した傘、まさにあれです。女性は恥ずかしがってるという事実より、恥ずかしいのに頑張ってるという事実の方に思考が行きます。

ちょっとかっこつけたい人

彼女に良い印象を与えるには、インパクトも時には必要。プレゼント選びの時点にさか戻りますが、何気に「これ欲しいな」とつぶやいた物を、押しつけがましくではなくさらりと「これ欲しいって言ってたよね」と渡すのは得点高いです。自分のことをよく気にしていてくれたという満足感とサプライズ感が女性の心に響きます。

また、一度本命じゃないプレゼントを渡し、若干テンションが下がったところで本命を渡すというのもおすすめ。もちろん本命が確実に喜ばれる自信がないといけません。テンションが一度下がっている分だけサプライズ感が強くなります。

ネックレスなら、例えば好きなキャラのぬいぐるみをプレゼントにくれると思わせといて、実は首にかかっている、なんてシチュエーションもいいかも。もっとロマンチックにするなら、目をつむってもらい後ろから付けてあげるのもいいかもですね。ちょっとかっこつけすぎでしょうか。

遠距離恋愛に鉄板の渡し方

遠距離恋愛の場合、クリスマスと言えどもなかなか会えないカップルもいるでしょう。そんな男性にトライしてほしいのが次の作戦。

まず彼女が確実に受け取ってくれる時間体を探り、時間指定で彼女の家にプレゼントを郵送します。

その時間帯を見計らって彼女に電話をかけます。当然「会いたい」といった話になると思いますが、そのタイミングで「ピンポン」。

実際に会いに来てくれたら、それこそ最高のプレゼントであり最高のサプライズです。贈る物はあくまでも前振りに過ぎません。

計画性が必要で少し難易度は高いかもしれませんが、上手くいった時は最高にハッピーなクリスマスになるはずです。

まとめ

ダラダラと長くなってしまいましたが、クリスマスプレゼントで最も大事なのは「気持ち」を贈ること。

クリスマスプレゼントは特別な贈り物であり、誕生日などの他のプレゼントとは違うと考えている女性は多いものです。

ただし「物・値段は関係ない」とは言いません。イヤ、おおいに関係あります。相手の好きなものを把握するのはとても難しいものですが、それは女性も同じ気持ちです。

それなのに自分の好みの物をくれたという事実が、女性にとっては嬉しいのです。その結果として、そこまで高価じゃないとか他の要因がくっついてくるのです。

彼女は自分の欲しがってたものをもらうのが嬉しいという気持ちが半分、自分の欲しいものを探し出してくれたという愛情が半分、このように感じるはずです。

男性的にはなかなか難しいですが、だからこそ特別な日・特別なプレゼントなのです。

何が喜んでもらえるかなという発想ではなく、どうすれば気持ちが伝わるかなという発想でプレゼント選びをすると、喜んでもらえる可能性も高まるのではないでしょうか。

天然ダイヤモンドネックレス

天然ダイヤモンドネックレス ダイヤモンドネックレスを激安で買うならこちらのショップ。普段使いしやすいお値打ちモデルが多く、4Cを意識した高品質な選択も可能。種類も非常に豊富で、一粒だけじゃなくカラーダイヤモンドや可愛いモチーフのダイヤモンドネックレスも。文字が多くやや見にくい部分はありますが、ダイヤモンドの品質を詳細に説明している点も見逃せません。

詳細はコチラ

ソーティング済みダイヤモンドネックレス

ソーティング済みダイヤモンドネックレス ダイヤモンドの4Cをしっかり知ってから買いたいという人はこちらのショップがおすすめ。全てA級鑑定機関である「中央宝石研究所(CGL)」でソーティング済みのダイヤモンドを使用した品質が魅力。ソーティングされた時点で4Cがしっかり明記されており、もちろん鑑定書を付けることもできます。

詳細はコチラ

ダンシングストーン

ダンシングストーン 最近流行のダンシングストーンシリーズならこちら。特殊な構造で常にキラキラ輝く一風変わったジュエリーです。天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアの2タイプがあり、こちらも普段用に使いやすい価格が魅力。高価すぎずケースやバッグも付属なので、贈り物・プレゼントにも喜ばれそうです。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る