Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ダイヤモンドの選び方|カラーかカラットか悩んだ時の賢い解決方法

ダイヤモンドの選び方|カラーかカラットか悩んだ時の賢い解決方法

ダイヤモンドを選ぶときにカラーを一つの基準にすると思いますが、これがなかなか悩みどころなんですよね。肉眼ではほぼ違いが判らないのに、しっかり「D」だの「F」だの分かれています。しかも価格も大きく違うので、カラーを優先すべきかカラット・大きさを優先すべきか悩んでしまいます。

結論を先に言いますと、どの程度の「自己満足」が欲しいかが大事ということです。

ダイヤモンドのカラーは比較してもわからない

おそらくダイヤモンドのカラーでお悩みのあなたは、大事なダイヤモンド、つまり婚約指輪や結婚指輪などで悩んでいることでしょう。普段使いのダイヤモンドならカラーはそこまで気にする必要はないですし、カラーのグレードが上がれば普段使いできる価格をはるかに超えてしまうので選択肢に入らないからです。

大事なダイヤモンドの購入において、カラーを優先するのか、カラットを優先するのかというのはとても悩みどこ。小さくてもDランクのダイヤモンドにするか、それともFやGに落として大きなダイヤモンドにするか…。

最初に書いた通り、この決断をするポイントは「自己満足」をどこにどこまで求めるかということです。正直DEFGランクあたりは、肉眼では違いはわかりません。見る場所の光の具合にもよりますが、基本的には「見るべき人が見て分かるもの」です。

つまりランク分けさえされていなければ全く同じクラスに見えるダイヤモンドなんですよね。でも「自分はDランクのダイヤモンドを身に着けている」という満足感が欲しいわけです。それは金銭的なものや大事な人から素晴らしいダイヤモンドをいただいたという自己満足も含めてです。

あなたは他の人が身に着けているダイヤモンドを見たとき、最初に思うことはなんでしょうか。きっと大きさだと思います。他人のダイヤモンドを計るものさしは普通大きさなんですね。でもDランクのダイヤモンドなら価格の問題で小さくなってしまうでしょう。問題はここです。

人から見られたときに大きなダイヤモンドを身に着けていたいのか。自分のダイヤモンドのほうが小さかったら悔しい気分になるのか。それとも他人の目など関係なく、最高級のカラーのダイヤモンドを身に着けている自己満足に浸りたいのか。

ダイヤモンドの輝きはカラーよりもカットに依存する

カラーが最高ランクのDカラーだとしても、ダイヤモンドの輝きはカットによって大きく変わります。カットについては別の記事にしていますが、つまりDカラーというのはダイヤモンドのたった一つの評価だということ。Dカラーを選んだからって輝きがグンと増すわけでもなく、Fカラーだから輝きが落ちるということでもありません。

細かいことを言えば違うのかもしれませんが、身に着けるダイヤモンドは肉眼で見ますよね普通。だったら肉眼で見て変わらないなら「同じ」でいいんです。問題は鑑定書に記載されている文字だけ。Dカラーだけど小さ目のダイヤと、Fカラーの大き目ダイヤの価格が仮に同じだとすれば、あなたは「大きさ」と「品質」のどちらに満足感を覚えるでしょうか。自己満足をより高く感じるのはどちらでしょうか。

最終的には自分がどのポイントに納得できるかを探すことが大事なわけなんですが、カラーだけでダイヤモンドを考えるのはナンセンスで、総合的な観点で考えるのが大事です。でもその中でカラーの評価は「自己満足」がどこにあるのかという点。

品質重視だからって正統派なわけでもなく、大きさ重視だから邪道なわけでもありません。ダイヤモンドは大きさも非常に重要な要素ですから。あなたが自己満足を最も覚えるポイントを探ってみてはいかがでしょうか。

天然ダイヤモンドネックレス

天然ダイヤモンドネックレス ダイヤモンドネックレスを激安で買うならこちらのショップ。普段使いしやすいお値打ちモデルが多く、4Cを意識した高品質な選択も可能。種類も非常に豊富で、一粒だけじゃなくカラーダイヤモンドや可愛いモチーフのダイヤモンドネックレスも。文字が多くやや見にくい部分はありますが、ダイヤモンドの品質を詳細に説明している点も見逃せません。

詳細はコチラ

ソーティング済みダイヤモンドネックレス

ソーティング済みダイヤモンドネックレス ダイヤモンドの4Cをしっかり知ってから買いたいという人はこちらのショップがおすすめ。全てA級鑑定機関である「中央宝石研究所(CGL)」でソーティング済みのダイヤモンドを使用した品質が魅力。ソーティングされた時点で4Cがしっかり明記されており、もちろん鑑定書を付けることもできます。

詳細はコチラ

ダンシングストーン

ダンシングストーン 最近流行のダンシングストーンシリーズならこちら。特殊な構造で常にキラキラ輝く一風変わったジュエリーです。天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアの2タイプがあり、こちらも普段用に使いやすい価格が魅力。高価すぎずケースやバッグも付属なので、贈り物・プレゼントにも喜ばれそうです。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る