Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

四月生まれの彼女にピッタリの誕生日プレゼント

四月生まれの彼女にピッタリの誕生日プレゼント

彼女の誕生日が四月という男性は、誕生日プレゼントにダイヤモンドを贈るのはどうでしょうか。
ダイヤモンドを贈るということは愛の象徴ですが、何もエンゲージリングなどのように重く考えなくてもいいのです。
ダイヤモンドは四月の誕生石なので、もっと軽い意味で普段使いできるダイヤモンドを贈ると喜ばれます。

ダイヤモンドを贈るということ

ダイヤモンドは愛を表すときによく使われます。
婚約指輪や結婚指輪など、男女の大きな節目でも登場しますよね。

だからと言って特別なプレゼントにしかダイヤモンドジュエリーを贈ってはいけないわけではありません。

特別なダイヤモンドと普段用のダイヤモンドは別

ダイヤモンドはグレードによって価格や意味合いが本当に様々です。
グレードが高いと価格も跳ね上がり、それこそ人生における大事な節目以外で贈ることはなかなかないかもしれません。
でもグレードの低いダイヤモンドは逆に人生の節目には物足りなく、普段用のジュエリーとして多くの女性が身に着けています。

一口で「ダイヤモンド」と言っても価格に大きな開きがあるので、エンゲージなどの特別なダイヤと普段用のファッショナブルなダイヤの二種類に分けて考えることが大事です。

普段でも身に着けることができるデザインや価格のダイヤモンドなら、贈られる女性も気兼ねなく身に着けることができます。
グレードと価格はあなたの財布次第とも言えますが、上手に選択することで価格以上のプレゼントを贈ることができます。

普段用のダイヤモンドジュエリーの選び方

普段から身に着けるダイヤモンドの場合、金銭感覚は人それぞれですが、やはり数万円レベルが最も多いはず。
小さめでシンプルにさりげない感じのほうが普段用としては向いてるので、価格もお手頃になります。
もちろんダイヤモンドとしての価格帯ですが。

普段から大きいダイヤモンドを身につける女性を見て、あなたはどのように感じるでしょうか。
何となく自慢げであまりいい感じはしませんよね。
これは身に着ける女性も同じように思っています。
なので特別なダイヤモンドじゃなければ、むしろ小さめのほうが喜ばれたりします。

ダイヤモンドが小さいとあまり価値がないように感じるでしょうか。
でもプレゼントには他にも大きな意味があるのです。

ダイヤモンドの意味合いを考える

なぜ男女の特別な贈り物にダイヤモンドが選ばれるのでしょうか。
それを考えると、普段用のダイヤモンドが小さくても大丈夫なことが分かります。

世界で最も硬い鉱物

ダイヤモンドはその美しさばかりに目が行きますが、実は非常に硬い鉱物でもありますよね。
そう簡単に割れることがなく、研磨するための刃などにも多く使われてます。
なので昔はダイヤモンドを削る技術がなかなか開発されなかったようです。

そんな硬いダイヤモンドは「割れることがない愛」を表してます。
仮に「木でできたハート」を婚約時に渡したとします。
簡単に割れてしまいますよね。
でもダイヤモンドでできたハートならそう簡単に割れることはありません。

透明度が高い

ダイヤモンドはとても透明度が高く、無色に近いほど価値が高まります。
そんな透明度の高さは「隠し事がない」ことを表します。
夫婦にしても恋人にしても、お互い隠し事なく何でも話し合える、そんな素敵な間柄を象徴するのがダイヤモンドの透明度なのです。
なのでエンゲージリングなどでは、より透明な「カラー」グレードの高いダイヤが多く選ばれます。
純粋でピュアな心を相手に贈る、それがダイヤモンドを贈るという意味です。

キレイなカット

ダイヤモンドはそれ自体が発光してキラキラ光るのではありません。
光を取り入れることで輝きます。
それには正確なカットが必要で、ダイヤモンドは理論的に計算された形状にしっかりカットされています。

そんな形状には「邪な気持ちを跳ね返す」という意味が込められています。
三年目の浮気じゃないですが、全ての人間がいろんな誘惑に勝てるわけではありませんよね。
これは男性に限ったことではありません。

でもダイヤモンドを身につけることで、このような邪な誘惑を跳ね返すと言われてます。

小さめだからこその選び方

普段用には小さめが良いこと、ダイヤモンドには愛を贈る意味合いがあること。
つまりダイヤモンドと言えども、普段用に誕生日プレゼントとして気軽に贈ることも全く問題ないということです。

選択を誤ると贈られたほうの女性が使いにくくなるので、気兼ねなく使えるダイヤモンドジュエリーを選ぶのがポイントです。

高価すぎるのはダメ

物の価値は価格だけではありませんが、価格が大きな部分を占めるのもまた間違いではありません。
あまり高価なプレゼントだと、普段から身に着けにくくなります。

小さめのダイヤモンドを選べば価格は下がりますが、例えば必ずしも鑑定書がなくてもいいでしょう。
鑑定書を付ければ価格も上がりますし、プレゼントとしてやや重くなる可能性もあります。
価格を教えないのも手ですが「ダイヤモンド=高価」というイメージが強いので、価格を言わないことは暗に「高価である」ことを言ってるようなものです。

小さ目のダイヤモンドで重要なこと

ダイヤモンドは4Cという基準で選ばれることが多いのですが、小さ目のダイヤモンドではカラーやクラリティといったグレードはそこまで気にする必要はありません。

小さいがゆえにグレードの差がほとんど分からず、価格を抑えるためにグレードを下げるならその部分です。
カラットは最大でも0.5カラットあたりがいいと感じますが、贈る女性の年齢にもよるかもしれません。
とは言え普段用ならその程度で十分と言え、個人的には0.3~0.5ctあたりがいいのではと思います。

そのカラット数なら前述の通りカラーとクラリティを下げてもほとんど分からないので、予算に合わせて「カット」のグレードを考えればOKです。
カットは小さくても大事な評価なので、予算内でより良いものを選ぶのがおすすめ。
カットグレードが高いだけでとてもキラキラきれいに輝きます。

天然ダイヤモンドネックレス

天然ダイヤモンドネックレス ダイヤモンドネックレスを激安で買うならこちらのショップ。普段使いしやすいお値打ちモデルが多く、4Cを意識した高品質な選択も可能。種類も非常に豊富で、一粒だけじゃなくカラーダイヤモンドや可愛いモチーフのダイヤモンドネックレスも。文字が多くやや見にくい部分はありますが、ダイヤモンドの品質を詳細に説明している点も見逃せません。

詳細はコチラ

ソーティング済みダイヤモンドネックレス

ソーティング済みダイヤモンドネックレス ダイヤモンドの4Cをしっかり知ってから買いたいという人はこちらのショップがおすすめ。全てA級鑑定機関である「中央宝石研究所(CGL)」でソーティング済みのダイヤモンドを使用した品質が魅力。ソーティングされた時点で4Cがしっかり明記されており、もちろん鑑定書を付けることもできます。

詳細はコチラ

ダンシングストーン

ダンシングストーン 最近流行のダンシングストーンシリーズならこちら。特殊な構造で常にキラキラ輝く一風変わったジュエリーです。天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアの2タイプがあり、こちらも普段用に使いやすい価格が魅力。高価すぎずケースやバッグも付属なので、贈り物・プレゼントにも喜ばれそうです。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る