Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

簡単に分かるダイヤモンドの「4C」の優先順位

簡単に分かるダイヤモンドの「4C」の優先順位

ダイヤモンドの4C(カット、カラット、カラー、クラリティー)を見れば、そのダイヤモンドの大まかな特徴を知ることができます。でも、実際に購入するときは、それらの優先順位をどうしようか悩みますよね。目で見て簡単に分かる違いは、大きくグレードが離れない限りカラットだけです。では4Cの他のグレードをどのように判断すべきでしょうか。

ダイヤモンドの4Cは品質?

まずダイヤモンドの4Cは、あくまで研磨済みのダイヤモンドの特徴を説明する道具に過ぎないことを理解しなければいけません。4C全てでグレードが高ければ、必ずキレイなダイヤモンドかというとそうではないんです。ほとんどの場合、肉眼では見分けがつかないのでグレードが高ければ間違いは非常に少ないですが、ダイヤモンドの品質は4Cが全てではないということです。

ではダイヤモンドの品質・輝きを決めるほかの要素は何かと言えば、それは原石の質です。質のいい原石を素晴らしい技術で仕上げたダイヤモンドは、とても輝きます。もちろん原石のことまでは普通は知ることができません。だから4Cという目で見える基準に頼ってキレイなダイヤモンドを探すんですね。なので4Cがダイヤモンドの品質の全てではないんです。

ダイヤモンドの4Cはカットが重要

とはいえ、基本的には4Cと見た目に頼ってダイヤモンドを選ぶのが普通です。そこで気になるのが「優先順位」。当然、全てのグレードがいいに越したことはありませんが、価格がどんどん恐ろしいほど高くなってしまうのがダイヤモンド。やっぱり予算ということを考えると、どこかを妥協しなければいけません。

むしろ考え方としては、どこを妥協してどこを優先するかということです。そこでオススメは「カット」を優先すること。ダイヤモンドは「キレイに輝く」ことが最も大事なポイントなのは言うまでもありません。大きくても輝きの少ないダイヤモンドだって当然あるんです。キレイに輝くために一番大事なのは実は「カット」なんです。もっと言うと、透明度の高い質のいい原石を、最高のカットで仕上げたダイヤモンドはとても輝きが強いんですね。

でも、カットは原石の質、さらにはカラーやクラリティを大きくカバーします。それは「ダイヤモンド自体は輝かない」という事実があるから。ダイヤモンドがキレイに輝くためには「光」が絶対に必要で、その光を最大限に輝かせるのが「カット」なんです。

優先順位の2番手はカラット

カットを優先順位のトップにした場合、2番手は「カラット」を優先にするといいでしょう。カラットはダイヤモンドの重さですが、大きさとほぼ同じと考えて問題ありません。カラットは肉眼でも非常に分かりやすい違いなので、一番大事に考える人も多いと思います。もちろんそれはそれで全く問題ありません。大きなダイヤモンドを身に着けるのはとっても嬉しいことですから。

また、大きなダイヤモンドは輝きが増します。特に一粒ダイヤモンドの場合は、ある程度のカラットがなければ、いくらカットグレードが良くても輝きは弱いものになってしまうでしょう。当然ですが、実際に購入する際は「予算」というものがあるので、カラットが大きいほうが「良い悪い」という考え方ではありません。

見た目は個人差によって輝きがキレイかどうかが分かれますが、たとえば一粒ダイヤモンドの場合「0.5カラットでカットが最高のエクセレント」より「1カラットでカットがベリーグッド」のほうが輝いて見えるものです。

カラーとクラリティをどう考えるか

ではほかの二つ「カラー」「クラリティ」は気にしなくてもいいのか。それは、どのような意味のダイヤモンドかに大きく左右されます。つまり「婚約指輪」と「普段用ネックレス」で同じ考え方をしてはいけないということです。もしあなたが、普段用で数十万円のダイヤモンドを気軽に身に着けることができるなら、世間一般的には「お金持ち」と言えるでしょう。でも多くの場合はデイリー使いのジュエリーに多くのお金をかけることはできません。

そこでまず、大事なダイヤモンドの場合は「カラー」「クラリティ」の「最低ライン」を決めておくのです。なぜなら、カラーとクラリティは大きく差がない限り肉眼でその違いを判断することができないからです。それでも気になるのは「自己満足」「優越感」といった気持ちの問題が大きいから。もちろんそれらを否定するつもりはありません。むしろ非常に大事な部分と言えます。ただ、どこかで妥協しなければいけないなら、見た目の差がほとんどない「カラー」「クラリティー」が後悔しない賢い選択方法なんです。すべてのグレードが高いほうがいいのは言うまでもありません。

次に普段用のダイヤモンドアクセサリーの場合は、カラット数によって決めるのがオススメ。普段用なら0.5カラット以下の小さなダイヤモンドも多く登場することでしょう。そのようなダイヤモンドの場合は、カラー・クラリティともにさほど気にする必要はありません。カラーはグレードではなく「色味」と捉え、黄色味がかった色がイヤなら少し気にするといいでしょう。クラリティは0.5カラット以下ではほぼ分かりません。

普段用でも1カラットぐらいの大きなダイヤモンドなら、多少は気にしたいところですが、気にしすぎると予算オーバーになるのは目に見えています。基本的にカットが重要なのは変わらないんですが、カラー・クラリティも含めた総合力で考えてみてはどうでしょうか。ある程度の大きさのあるダイヤモンドなら、カットグレードが多少低くても輝きは大きさがカバーしてくれます。また1カラットクラスなら、ゴールドよりもプラチナのほうがより輝いて見えます。4Cの他に、組み合わせる相棒をプラチナに限定し、予算を超えないよう総合的に選ぶのがオススメです。

天然ダイヤモンドネックレス

天然ダイヤモンドネックレス ダイヤモンドネックレスを激安で買うならこちらのショップ。普段使いしやすいお値打ちモデルが多く、4Cを意識した高品質な選択も可能。種類も非常に豊富で、一粒だけじゃなくカラーダイヤモンドや可愛いモチーフのダイヤモンドネックレスも。文字が多くやや見にくい部分はありますが、ダイヤモンドの品質を詳細に説明している点も見逃せません。

詳細はコチラ

ソーティング済みダイヤモンドネックレス

ソーティング済みダイヤモンドネックレス ダイヤモンドの4Cをしっかり知ってから買いたいという人はこちらのショップがおすすめ。全てA級鑑定機関である「中央宝石研究所(CGL)」でソーティング済みのダイヤモンドを使用した品質が魅力。ソーティングされた時点で4Cがしっかり明記されており、もちろん鑑定書を付けることもできます。

詳細はコチラ

ダンシングストーン

ダンシングストーン 最近流行のダンシングストーンシリーズならこちら。特殊な構造で常にキラキラ輝く一風変わったジュエリーです。天然ダイヤモンドとキュービックジルコニアの2タイプがあり、こちらも普段用に使いやすい価格が魅力。高価すぎずケースやバッグも付属なので、贈り物・プレゼントにも喜ばれそうです。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る